ケア・アカデミー 葉っぱのフレディ

ケア・アカデミー 葉っぱのフレディ

理念

ケア・アカデミー 葉っぱのフレディ 個人情報保護法

個人情報保護に関わる規定
ケア・アカデミー 葉っぱのフレディ《以下HFHCという》は、ご利用者様の守秘義務についてHFHCの守るべき義務として開設以来、実施してきました。 平成17年4月1日に制定された個人情報保護法は、『個人の情報の保護』『個人の権利の保護』を目的とします。HFHCはご利用者様に対し個人情報の有用性に配慮しつつ、以下の通りご利用者様の個人情報の保護規定を作成致しました。

1.目的
HFHCは、『訪問介護』『ケアプラン作成』事業において知り得た、利用者の個人情報の全てを、本人の同意を得ずに取り扱わない。本人の同意を求めることが困難な場合は、法廷代理人の同意を合わせて本人の同意を得る努力をする《インフォームドコンセントを重視》


※但し個人情報の有用性、正当な理由がある場合《例えば、医療機関、在宅サービス事業者との連携など》には、個人情報保護法を重視した上で用いる。

2.安全管理措置について
個人方法の漏洩など防止策として、HFHCの業務に従事する者全てに対し、「HFHC就業規定」にある、個人情報保護に関する個人の守秘義務規定の項を徹底。HFHC独自の定期的研修で、個人情報に関わる研修を導入する。


※但し個人情報の有用性、正当な理由がある場合《例えば、医療機関、在宅サービス事業者との連携など》には、個人情報保護法を重視した上で用いる。

3.個人方法の保存について
利用者に関する、データベースその他記録類一切については、所定の棚に鍵で施錠した上で保存し、漏洩防止を図る。 不要になった個人情報を廃棄する場合、HFHC担当職員が、シュレッダーにより《CDを含む》復元不可能な状態で廃棄する。 法的に保存が義務付けられている記録

※指定訪問介護: 居宅介護サービス計画・ケア記録・介護日誌・業務日誌・訪問介護計画・苦情内容の記録。

※指定居宅介護事業者: 居宅サービス計画・アセスメントの結果の記録・サービス担当者会議の記録・モニタリングの結果の記録・苦情内容の記録

4.個人情報の全て、または一部を委託する場合
HFHCの個人情報保護法の規定に従い、安全管理措置により、受託者と契約を結ぶ。《個人情報を適切に取り扱っている事業者を選定》

5.2006年6月16日より、一部追加・改定し実施。